物件紹介のプロに任せ引っ越し費用を節約できるお得な物件探し

手数料がかからない不動産の探し方

負担を軽減

引っ越し費用を節約できるお得な物件

賃貸住宅に入居する場合、地域によって異なることもありますが通常は敷金及び礼金という名目で家主に家賃の数か月分のお金を支払います。さらに、物件を紹介してくれた不動産業者に仲介手数料として家賃の1か月分を支払うのが一般的です。 ところが最近、この仲介手数料の支払いが必要ないという物件が少しずつ増えてきています。部屋を借りる側としては引っ越し時は何かと物入りなため、負担が軽くなるのはとても助かります。 ただ同時に、仲介手数料無料では不動産業者は一体どうやって利益を上げられるのだろうという疑問も浮かびます。その答えは2通りあります。1つは不動産業者自身がその物件の家主であるから、そしてもう1つは仲介手数料を入居者でなく家主から受け取っているからです。

若者向け物件を中心に増加中

賃貸住宅の仲介手数料については法律による規制があるのですが、実はその規制が定めているのは家賃の1か月分という金額の上限だけで、それを誰がいくら負担するかについては当事者の合意があれば自由に決めてよいとされています。つまり通常の物件は入居者が全額負担することについて、仲介手数料無料物件は家主が全額負担することについて事実上の合意があったものと見なされているわけです。 では仲介手数料無料はなぜ家主が全額負担するかというと、これは言うまでもなく空き家対策です。入居者の負担を軽くすることで物件の魅力を高め、安定した家賃収入が得られるという経営判断がそこにはあるのです。 こうした仲介手数料無料は賃貸市場全体に占める割合はそれほど多くありませんが、若者向け物件を中心に増加する傾向にあります。仲介手数料無料物件を中心に扱う不動産業者や、全国の仲介手数料無料物件を検索できる情報サイトなども登場してきています。